切なくて美しすぎる!新海誠監督『秒速5センチメートル』あらすじと感想

新海誠監督の連作短編アニメーション『秒速5センチメートル a chain of short stories about their distance』を観て、すっかり魅せられてしまったので、ご紹介します。

短期間で2回、観ました。私にはまずない行動です。

新海誠監督は、あの大ヒット映画、『君の名は。』の監督です。
『秒速5センチメートル』は、2007年の作品で、時間は63分

特徴

繊細ではっとするほど美しい絵

冒頭の桜が美しく散るシーンでさっそく魅せられ、引き込まれます。

遠野君がはるばる明里ちゃんに会いに行くシーンが、最高に魅せます。見どころです。

その道のりをただただ描写するのですが、それが効果的過ぎるのです。見ながら、「ああ、これはすごい遅れるな。でも話の流れ的に明里は待ってるんじゃないか」と第三者目線で思ったり、遠野君の気持ちを追体験してだんだん焦ったり、心細く不安になったり、それでも絶対にたどり着くんだと思ったり、心が揺さぶられます

静かで、必要最低限のセリフと音楽、描写的な効果音

クライマックスで流れる、山崎まさよしの『One more time,One more chance』がむちゃくちゃ効果的で、つい泣かされてしまいます。

言葉ではなく映像で語られるという、映画ならではの作品です。
私は小説を読むのが大好きなのだけど、これはもう言葉が映像に完敗した世界です。

美しくて切ない情景

3部構成で、主人公遠野貴樹という男の子。

副題は『a chain of short stories about their distance』で、遠野君と彼に関わる3人の女性との距離の情景が描かれます。

3人の女性とは言っても、明里がメインで、他の二人の女の子は明里との対比として登場し、常に遠野君の心の中の明里ちゃんが暗示されます。

あらすじ

第1部『桜花抄』

小中学生時代、東京。

遠野貴樹は篠原明里と出会い、仲良くなります。
明里は遠野君に、「桜の花びらは秒速5センチメートルで落ちるんだって」といいます。

二人は親の転勤で離れ離れになりますが、文通が継続します。

中学生の時、遠野君が簡単には会えない遠方(種子島)に引っ越すことになり、その前にということで、電車に乗って栃木県に住む明里に会いに行きます。

その日はあいにく大雪になり、電車が大幅に遅延し、遠野君は約束の時間に何時間も遅れてようやく駅に到着します。明里はなんと帰ってしまわずに待ち続けていて、無事に二人は再会します

駅舎で明里が作ったお弁当を二人で食べておしゃべりしていると、駅の営業時間が終了してしまいます。雪の中、桜の木の下で、忘れられない思い出ができます。近くにあった農家の納屋で話しながら眠りにつきます。

翌朝起きて、遠野君は電車に乗って帰っていきました。別れ際に明里は、「遠野君は大丈夫だよ!」と言います。結局、お互いに用意した手紙は渡さずじまいになりました。

第2部『コスモナウト』

種子島での中高生時代です。

遠野君は弓道部で、弓の練習に熱心に取り組んでいます。

そんな遠野君に思いを寄せる同級生の女の子、澄田花苗がいます。遠野君が弓の練習が終わるのをいつも待っていて、遠野君に誘われて一緒に単車で帰ります。

花苗は地元の子で、素直で一途で健康的な雰囲気です。

遠野君はしょっちゅう携帯でメールしていて、東京に彼女がいると思われています。

遠野君は東京の大学を受験する予定ですが、花苗は進路に迷っています。

花苗は遠野君に思いを伝えたいのですが、なかなか勇気が出ません。遠野君はかっこよくて優しいのですが、心を近づけるつもりは全くなさそうです。

花苗は、サーフィンでスランプを脱して波に乗れた日に思い切って告白しようとしますが、遠野君と一緒の帰り道にロケットの打ち上げに遭遇して、遠野君の心が自分にも種子島にもないことにはっきりと気づき、遠野君の心を得ることをあきらめます。叶わぬ思い。

遠野君は、打ち上げられたロケットの深い孤独に思いをはせます。

花苗の「ロケットの運搬速度は時速5キロメートルなんだって」という言葉を聞いて、遠野君はハッとします。明里のことば「桜の花びらが落ちる速度は秒速5センチメートル」を連想したようです。

遠野君はよく、見知らぬ女の子と一緒に夜空を眺める夢を見ます。
そして、出す当てのないメールを携帯で書いては消すのが習慣になっています。そう、しょっちゅう打っているメールは、明里あてではなかったのです。このシーンにはハッとさせられました。

明里との文通はいつしか途絶えていました。どうやら、明里から返事が来なくなったようです。

第2部では遠野君、名前の通り「遠い」感じです。

第3部『秒速5センチメートル』

東京での社会人時代です。

遠野君は意欲的にIT関係の仕事につきますが、気が付くと当初やりたかったことにまったく興味を失っていて、仕事を辞めます。東京で一人暮らしの日々。コンビニで雑誌のロケット打ち上げ記事を立ち読みしたりします。

3年間付き合った女性から、「1000通メールしても1センチしか距離が縮まらなかった」というメールが届きます。別れたようです。

一方、明里も東京に住んでいて、年明けに結婚したようです。幸せそうです。

第1部の電車のシーンを連想させるような電車のシーンがあります。
年末に明里は実家に帰省し、あの駅(遠野君と最後に分かれた駅!)で両親に見送られて電車に乗って東京に戻ります。駅での両親との会話で、明里が来月結婚するということがわかります。ああ遠野君!

東京の様々な情景が、山崎まさよし『One more time, One more chance』に合わせて走馬灯のように展開されます。それまで静かだった映画に、この歌(主題歌)が大ボリュームで流れます。

せつない歌詞に、たたみかけるように表示される様々な絵。観ているこちらの感情もあふれてしまい、涙せずにはいられませんでした。

春になります。明里は家を整理していて、むかし遠野君に書いて出さずじまいだった手紙を発見し、遠野君のことを思い出します。そして、桜舞う東京の踏切で遠野君とすれ違い、互いにハッとします。

振り返ると電車が通過し、しかも皮肉なことに反対方向の電車まで通過します。

2台の電車が通過した後、明里の姿はもはやそこにはありませんでした。

二人の再開はならず、すれ違いに終わりました。

まとめ

はかなく、切なくて美しい映画です。
絵が非常に美しく、語りすぎないので、夢中になって凝視してしまいます。
声優さんたちの声もこの映画の雰囲気にぴったりで、すばらしいです。

私は普段、アニメーションは全く観る習慣がなくて、一番は小説、二番はテレビドラマという感じです。

アニメーションを観る習慣がない人にもおすすめです!

この映画を観て何を感じるかは、観る人の経験や望みに応じて様々でしょう。

私は、第1部の遠野君と夫を重ねてしまいました。なんと!
現実は、夫と最初に出会った時点でお互い30超えてたし、現在は40近いし、新婚でもありません。同居してるし。

夫も、「ええ~、全然違うでしょう!」、「俺は中学生じゃないよ。」って言いそうです。

でも、あの不安になりながらも困難に負けず、遠くから必死に会いに来てくれて、会えたことをすごく喜んでくれて、明里のことが大好きな遠野君は、夫のイメージなのです。

夫が第3部の遠野君みたいになってもそばにいられるのが、結婚です。

皆さんは、この映画を観て、何をどう感じられるでしょうか。

『秒速5センチメートル』公式サイト

スポンサーリンク
2015年11月17日レクタングル(大)
2015年11月17日レクタングル(大)

フォローする/更新情報を受け取る

スポンサーリンク
2015年11月17日レクタングル(大)