WordPressのSimplicity1子テーマを二度手間なしでSimplicity2にバージョンアップ

wordpress, simplicity2
このブログはWordPressです。
そして、テーマはSimplicityを使わせていただいています。

ブログを開設した時はSimplicityのバージョンが1だったのですが、バージョン2が発表されているので、このたび思い切ってバージョンアップしてみました。

Simplicityのウェブサイトを見ながら作業したのですが、なにせ素人すぎて二度手間三度手間になってしまいました・・・。

そこで、こうすればよかった!という方法を書いてみました。

スポンサーリンク

手順

Simplicity2をダウンロードする

Simplicity2のダウンロード

最初にする必要は別にありません。アップロードする直前にダウンロードしてもOKです。

とはいえ、「テーマをSimplicity2にするぞ!」という気分を盛り上げるために、最初にダウンロードしてはどうでしょう。

カスタマイズを再設定する準備をする

SNSとの連携とか、アクセス解析とかの設定が自動的には引き継がれないので、手動でカスタマイズを設定する準備をします。

現在のテーマ(Simplicity1子テーマ)のカスタマイズ画面を、新たなタブもしくはウィンドウで開いておきます。
(従来のテーマの設定を見ながら、新たなテーマにも同じ設定をするため。)

Simplicity1の子テーマを改変

Simplicity2の子テーマを新たに導入する必要はなく、現在使っているSimplicity1の子テーマを少しいじるだけで、Simplicity2でも使えます。

現在のテーマ(Simplicity1子テーマ)をFTPでローカルのコンピュータにダウンロードして、Simplicityのウェブサイトの指示通りに改変します。

フォルダ名も「Simplicity2子テーマ」に変更しておいた方がわかりやすいです。

Simplicity1用の子テーマをSimplicity2で使う時の修正方法

Simplicity2をアップロード

FTPを使ってSimplicity2をテーマが入っているフォルダにアップロードします。

もしくは、WordPress管理画面を利用してテーマを変更します。

  1. 一時的に別のテーマ(管理画面にデフォルトで入ってるやつ)を有効化する
  2. Simplicity1親テーマを削除する
  3. Simplicity2親テーマをアップロードする

Simplicityを新しいバージョンにアップデートする方法2通り

改変したSimplicity1の子テーマをアップロードして有効化

これでSimplicity2の子テーマとして機能してくれます。

カスタマイズを再設定

テーマカスタマイザーで、最初に開いておいたSimplicity1子テーマのカスタマイズ画面を見ながら、新しいテーマにも同じ設定をしてきます。

Simplicity1系から2に移行するときにのテーマカスタマイザーの再設定方法

ウィジェットも再設定

ウィジェットの画面も開いて、無効化されてしまっている設定(左下によけられてしまっている)を再び適用しなおします。

これで広告が復活します。

まとめ

私は最初にSimplicity1の親テーマを削除してしまったので、後でまたアップロードし直したりと面倒なことになりました。

上記の順番ですればよかったと思いますが、実際に確認したわけではないので、この通りにして失敗しても責任は負えません。

Simplicityのウェブサイトをよく読んでから、バージョンアップしてみてくださいね。