100均の革靴用ワックスでクラクラしたので、みつろうワックスに変えてみた。

革の達人「極」

革の達人「極」

スポンサーリンク

化学物質過敏症ぎみ。100均のワックスでクラクラ

夫のスーツ用革靴を磨くのに、100均のクリーナーとワックスを使っていたのですが、次第に臭いでクラクラするようになり、困りました。

現在の使用頻度は、1か月に1回程度です。

そこで、主成分がミツロウのワックスを買って使ってみると、全然クラクラしない!
今までは靴磨きが苦痛だったのですが、まったく苦痛じゃなくなりました!

何か家事が苦手な場合、原因は使っているものにあるのかもしれません。洗剤など、使っているものが体に合っていない可能性があるので、考えてみるのがおすすめです。

天然素材のワックスの原料は?

ミンクオイルカビやすくて扱いが難しいというネット口コミがあったので、やめておくことにしました。

ミツロウワックスを探して選んだのは、革の達人「極」です。

原料は、蜜ロウホホバ油ワセリンラノリン
革の達人「極」使用方法、成分
どんなものなのか、調べてみました。

ミツロウ

ミツロウ(蜜蝋、Beeswax、Cera alba)はミツバチ(働きバチ)の巣を構成する蝋を精製したものをいう

佐々木正己 『養蜂の科学』 サイエンスハウス〈昆虫利用科学シリーズ5〉、1994年。

ウィキペディアより

ホホバ油

「ホホバ」という植物から作られた油です。

ワセリン

ワセリンは石油から得た炭化水素類の混合物を脱色して精製したもの。

ウィキペディアより

お肌の保湿用にドラッグストアで売ってます。

ラノリン

ラノリン (Lanolin) は、ウールに覆われた動物の皮脂腺から分泌される蝋である。

ウィキペディアより

ワセリンは石油由来。革の達人「極」は天然素材のワックスではない。

天然素材100%のワックスも存在します。

私は白色ワセリンを手に使った時に問題なかったし、お値段を重視したので、革の達人「極」にしました。

ワセリンって変な匂いがして嫌だなあと思っていたのですが、石油由来だからですね、たぶん。

リップクリームと成分がほぼ同じ

私が使ってるリップクリーム(メンソレータム ディープモイスト 無香料)と成分がかなりかぶってます。

ホホバ油ワセリンラノリンが共通です。
リップクリームに含まれているのはただの「ラノリン」ではなくて、「吸着精製ラノリン」ですが。

こちらの↓リップクリームにはミツロウが入っています。

つまり、リップクリームと同じようなもんです。

革の達人「極」の使い方

靴磨き道具(ミツロウワックス「革の達人」と布)
まず、古布(新しくても問題ないけど)で革靴についたホコリなどの汚れをふき取ります。
それから、少量のワックスを古布に取って塗り広げます。
塗りすぎるとべたべたになります。

革の達人「極」の仕上がり具合は?

革の達人「極」で靴磨き ビフォーアフター
有機溶剤の臭いがするワックスを使った時のようにはテカテカピカピカにはなりませんが、ちゃんと手入れした感じになります。

革靴が長持ちしそうです。

何よりも、クラクラしなくなってほんとにほっとしました。