春におすすめのクラシック音楽6選

クラシック音楽愛好歴30年越えのみちこが、春先に聞きたくなるクラシック音楽を6曲選んでみました。

トマス・モーリー『今こそ5月祭の月』”Now is the Month of Maying”

ルネサンス期のイングランドの歌で、この中では一番軽いノリです。

キャッチーなメロディーなので、楽しくハミングするのにぴったりです。

韻を踏んでいるので、英語の響きを楽しめます。この中では唯一の英語の歌です。

Mayingっていうのは、5月1日に行われた春を祝うお祭りであるようです。

トマス・モーリーの”Now is the Month of Maying”をAmazonで聴く

ヨハン・シュトラウス2世『春の声』

お次は19世紀のオーストリアにいきなり飛んで、ウィンナ・ワルツです。

いかにもヨハン・シュトラウスらしい、明るくてリズムの良い、思わず踊りたくなるような曲です。ドイツ語の歌詞があります。

ヨハン・シュトラウス2世のワルツ《春の声》 をAmazonで聴く

メンデルスゾーン『春の歌』

次は19世紀ドイツのピアノ曲です。

甘い旋律と、ロマンチックな分散和音が印象的なピアノ曲です。

愁いを帯びた部分が、より感傷をかき立てます。ドイツ・ロマン派ですね~!

ピアノを習っていた時、この曲に憧れていたのですが、先生に「ひいてみる?」って聞かれた時、謎に遠慮してしまって、結局ひけずじまいでした。

メンデルスゾーン『春の歌』をAmazonで聴く

モーツァルト『春へのあこがれ』

続いては、18世紀のドイツ・リートです。

モーツァルトらしい、高音がころがるような明るい曲です。

これもメロディーが魅力的で、歌いたくなるようなすてきな曲です。

モーツァルト『春への憧れ』をAmazonで聴く

ベートーヴェン『春』 

続いては、古典派のヴァイオリン・ソナタです。

軽快で流れるような明るい曲です。ピアノの音がすてきです。

超有名で、あちこちで流れているような気がします。

ベートーヴェン『ヴァイオリン・ソナタ 第5番 ヘ長調 作品24《春》』をAmazonで聴く

トスティ『4月』

これまた、ウキウキ感が半端ない歌です。

テノールの曲ですが、これを朗々と歌えたら、むちゃくちゃ気持ちいいだろうなあ!と思います。

19世紀イタリアの曲で、イタリア語の”primavera”(春)や”È l’April”(4月だ!)が耳に残ります。歌いたくなります。

トスティ『四月』をAmazonで聴く

スポンサーリンク

まとめ

こうして聴いてみると、春にちなんだ曲は、どれも明るくて喜びあふれる感じですね。

凍てつく厳しい冬を耐え忍んで、ようやく春が訪れた、その喜びがさく裂するようです。

また、歌詞から判断するに、春の訪れが、イタリアでは4月ですが、イギリスでは5月のようですね。だいぶ緯度が違いますもんね。

英語、ドイツ語、イタリア語と、それぞれの響きを楽しめるのもうれしいです。

Amazonプライムミュージックでは、この他にも、春にちなんだ曲のプレイリストがいくつもあって、楽しめますよ。

Amazonプライム会員(年額3,900円)になると、追加料金なしでAmazonプライムミュージックが利用できます。私も楽しく利用しています。

Amazon Music Unlimited プライム会員なら780円で6500万曲以上聴き放題

やっぱりクラシック音楽は、クラシック音楽向きの音が出るオーディオで聴きたいです。私が持っているCDプレイヤーだと、音が全然で・・・。
これぐらいのアンプとスピーカーのセットがとても欲しいです!