フィギュアスケート、ネイサン・チェンのショートプログラムはバレエ『海賊』とかぶりまくり!

フィギュアスケートの2017年四大陸選手権で羽生結弦選手をやぶって優勝した、アメリカのネイサン・チェン

世界一、4回転ジャンプをとぶ選手で、まだまだ伸び盛りの17歳。来年のオリンピックではメダルをとるでしょうか。

彼のショートプログラムを見ると、30年来のバレエファンとしては、気分がとても上がります。
というのも、超有名なバレエ『海賊』の、超有名な踊りの部分の音楽を使っているんですよ。
あの音楽を聴くと、バレエが頭の中で再生されてしまう!

ネイサン・チェンが使っている音楽の箇所は、バレエでもテクニックの見せ所なのです。
音楽の使い方も、バレエで盛り上がるところでは、スケートでもすごいジャンプをとんだりして、ナイスです。

最初と最後のポーズも、バレエファンおなじみの『海賊』の男性ダンサーのポーズです。バレエでは、マッチョなイメージの役です。

ネイサン・チェンは4回転をとびまくるので、そこがマッチョな感じとかぶるのでしょうか。

また、『海賊』はあちこちのバレエコンクールで非常によく使われるので、そのコンクールのイメージフィギュアスケートの競技会のイメージと重なります。

衣装もよーーく見ると、『海賊』の衣装と似ていなくもありません。

ここまでバレエを連想させるということは・・・?と思ったら、やっぱりネイサン・チェンはかなり熱心にバレエをやっていたそうです。

今シーズンのショートプログラムも、ネイサン・チェンと振付師が一緒にバレエ『海賊』をよく見て作ったそうです。※

YouTubeで探してみると、ネイサン・チェンがお手本にしたという伝説的ダンサー、ルドルフ・ヌレエフによるバレエ『海賊』パ・ド・ドゥ(二人の踊り)を発見!

ネイサン・チェンのショートプログラムと比べてみると、音楽がまんまかぶってます。

バレエ『海賊』のここの踊りでは、最初に男性ダンサーと女性ダンサーが一緒に踊って、次に男性ダンサーが単独でダンス、その次に今度は女性ダンサーが単独でダンス、最後にまた二人で締めのダンス、という構成です。

ネイサン・チェンのショートプログラムでは、女性ダンサー単独のダンスの部分以外の音楽を使っているようです。

バレエ『海賊』のここの踊りでは、ストーリーはわりかしどうでもよくて、かっこいい雰囲気と踊りのテクニックが見どころです。

そう考えてみると、ネイサン・チェンのすばらしい4回転ジャンプを魅せるのにぴったりの選曲ですね!

ネイサン・チェンは、ルドルフ・ヌレエフというよりは、バレエ・コンクールに出てくる同年代の男の子に似た感じです。

今シーズンはもうすぐ終了ですが、来シーズンが楽しみです!

ネイサン・チェンの公式サイト
http://figureskatersonline.com/nathanchen/

※【海外記事】『バレエ経験がチェンのスケーティングを高める』
http://trendcenter99.com/?p=8930

スポンサーリンク
2015年11月17日レクタングル(大)
2015年11月17日レクタングル(大)

フォローする/更新情報を受け取る

スポンサーリンク
2015年11月17日レクタングル(大)