防寒!窓からの冷えを防ぐ方法

防寒プチプチ
こんにちは!超冷え性のみちこです。すでにセーター3枚も着込んでます。

冬なんか窓を完全に閉めていても、家の中と外の気温差のために、窓から冷たい風が吹いてきますよね。

そこで、まずは窓から冷気が伝わってくるのを防ぐ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

窓ガラスに防寒用プチプチをはる

プチプチの上から窓ガラスをさわるのと、窓ガラスを直接さわるのとでは、温度が全然違います

末端冷え性でも、プチプチの上からなら、抵抗なく窓ガラスに触れることができてしまうぐらいです。

窓ガラス用のプチプチってどんなもの?

梱包用のプチプチとは別に、窓ガラス防寒用のプチプチがあります。

防寒用は梱包用と違って、もう1枚シートがあって、プチプチが2枚のシートの間に挟まれている形状なので、プチプチにじかに触れることはできません。2枚のシートの間に空気の層があります。
防寒プチプチ断面

水ではるのとテープではるのと、どっちがいいの?

で窓ガラスにくっつくタイプと、テープではりつけるタイプがあります。

水ではる場合は、霧吹き窓ガラスに水を吹き付けて、その上にプチプチをのせるだけです。
簡単で接着剤の臭いもしないところがおすすめですが、はり方が不十分だとはがれてきて、またはりなおすことになります。

両面テープの欠点は、はがした時にあとが残るところです。
はってはがせる両面テープですら、下手をするとあとが残ってしまいます。

両面テープの注意書きをよく読むと、頻繁に新しい両面テープにはりかえてください、と書いてあったりします。

つまり、はりっぱなしだと、はってはがせる両面テープでも、はがした時にしつこいのり残りが出て苦労する羽目に陥ります。賃貸を退去するとき、大変でしたよ!

むしろ、透明の養生テープの方が後に残りません。

透明養生テープ、あとの残りやすさと臭いの比較

透明養生テープにも、のり残りしにくいものしやすいものがあります。

積水 マスクライト養生テープ 半透明 50mm×25m N730N04TERAOKA(寺岡) 養生用 P-カットテープ 50mm×25m (透明) No.4140
を比較すると、
積水 マスクライト養生テープ 半透明 50mm×25m N730N04はほぼあとが残らず、接着剤の臭いもましでした。

TERAOKA(寺岡) 養生用 P-カットテープ 50mm×25m (透明) No.4140の方が臭いがきつく、あとも残りやすかったです。

もちろん、本来の用途(養生)に使う場合は、TERAOKA(寺岡) 養生用 P-カットテープ 50mm×25m (透明) No.4140でもあとが残らないと思います。

半年もはりっぱなしにしたらダメでした、という体験談でした。


こちらの積水養生テープは、引越シーズン直前になるとアマゾンでお値段が異常に高騰していたので、ご注意を。

発泡ボードを窓際に置く

防寒発泡ボード
さらに窓からの冷えを防ぐためには、発泡ボードが効果的です。

発泡ボードを置いて窓際に立ってみると、何もなしで窓際に立つのとは体感温度が全然違います

窓の方から冷気が流れてくるのを防ぐことができるんです!

自分で発泡ボードを加工しなくても、便利な防寒用のものが売られています。

何が便利かというと、折り畳み式なのでコンパクトに収納できるのと、横にも折り目がついているので立てやすいというところです。

また、高さも何種類かある(40cm、60cm、90cm、120cmなど)ので、窓の高さに合わせて使うことができます。

分厚いカーテンにする

もちろん、薄っぺらいカーテンよりも分厚いカーテンの方が防寒になります。

でも、いろいろと加工されたカーテンはケミカルな臭いがするので、敏感な方にとっては要注意です。

まとめ

プチプチ発泡ボードを設置すると窓際の温度が全然違ってくるので、家が寒くてつらい思いをしている方はぜひ試してみてください。

我が家ではもちろん毎年やってます。

結婚してからプチプチと発泡ボードの防寒力を知った夫は、今では私よりも率先して設置してくれるようになりました。