本・映画・ドラマ・音楽

本・映画・ドラマ・音楽

森博嗣『喜嶋先生の静かな世界』感想 理系研究者の学問への献身の行きつく先

これはホラーなのか、神話的悲劇なのか、耽美小説なのか、愛の物語なのか。 理系男子に憧れる文系女子、必読の書!
本・映画・ドラマ・音楽

森博嗣の幻想小説『赤目姫の潮解』の感想

森博嗣の「百年シリーズ」第3作目、最終作です。SFか?ミステリィか?幻想か? 前2作『女王の百年密室』、『迷宮百年の睡魔』との違い。特徴、おもしろさ、楽しみ方。 森博嗣ファンによる感想です。
本・映画・ドラマ・音楽

平野啓一郎の恋愛小説『マチネの終わりに』ネタバレあらすじと感想

2019年の秋に、主演・福山雅治と石田ゆり子の映画が公開されます。 中年のギタリストと国際ジャーナリストの恋愛小説。戦争、難民、経済危機といった世界の社会問題が、個人の恋愛に影を落とします。巧みで読み応えのある文章です。
スポンサーリンク
本・映画・ドラマ・音楽

森博嗣のSF小説『迷宮百年の睡魔』の感想

森博嗣〈百年シリーズ〉3部作の2作目です。 主人公のミチルは、パートナーのロイディと共に閉ざされた不思議な街におもむき、殺人事件に巻き込まれます。人間、アンドロイド、そして・・・驚きのSF的展開が待ち受けています。森博嗣ワールド。
本・映画・ドラマ・音楽

森博嗣のSF小説『女王の百年密室』の感想

2113年。エンジニアリング・ライタの主人公とアンドロイドが、隔絶した知られざる街にたどり着き、密室殺人事件に遭遇します。生死にまつわる価値観が揺さぶられ、そして明らかになる事実とは。SFミステリー。「百年シリーズ」第1作目の感想です。
本・映画・ドラマ・音楽

くどうみやこ『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』、香山リカ『ノンママという生き方 ~子のない女はダメですか?~』感想

子どものいない女性の生き方をテーマとした本の感想です。子どものいない女性の割合、いきさつ、子どもがいないことへの向き合い方、より良い人生のためのヒントに。
本・映画・ドラマ・音楽

酒井 穣 著『ビジネスパーソンが介護離職してはいけないこれだけの理由』レビュー

ビジネスパーソンが介護離職をしてはいけないこれだけの理由 posted wit...
体力不要レジャー

新海誠アニメ映画『星を追う子ども』感想 喪失をめぐる王道ファンタジー

新海誠監督の作品を観るのは、『秒速5センチメートル』に次いで2作目です。 『星を追う...
体力不要レジャー

湊かなえ原作ドラマ『リバース』の感想

湊かなえ原作ドラマ『リバース』あらすじ 藤原竜也演じる主人公(深瀬)の大学時代の親友(広沢)が...
体力不要レジャー

ドラマ『あなたのことはそれほど』の感想

2017年の春は、『あなたのことはそれほど』、『リバース』、『小さな巨人』とそれぞれ全然雰囲気の違う...
スポンサーリンク